用途にあった中古ドメインを効率よく探しましょう!

中古ドメイン入手でウェブサイトに再参加する

ウェブサイトは企業イメージのためであったり、趣味のページであったり、グループで情報共有の場として利用されたりとさまざまな利用方法があります。しかし、始めるのも自由であれば辞めるのも自由であり、長く続けるのはとても大変です。しかし、再参加することも自由であり、中古ドメインを入手してスタートダッシュをしながら再参加するウェブサイトが増えてきています。中古ドメインは一度他のウェブサイトなどで利用されその後放棄されたドメインです。一見使い物にならないように見えますが、検索サイトで評価されていたドメインは評価を残していることが多く、いくつかのポイントを守れば評価を引き継げるので新規サイトでもいきなり検索上位表示が可能です。再参加するウェブサイトの場合、最初の出だしで躓くと継続が難しいことが多いのでスタードダッシュのためにも中古ドメインの活用は重要です。中古ドメインを活用するポイントの1つめは検索サイトでドメイン検索をすることです。取得したい中古ドメインを見つけたらドメイン検索をして評価をチェックします。インデックスが無いようなサイトは価値が0です。また、インデックスがあったとしても新規サイトのカテゴリと違っている場合は評価を引き継げないことが多いです。重要なことは過去に運営されていたウェブサイトのリニューアル版だと検索サイトに思わせることです。2つめはパスです。ウェブサイトはパスで認識されますからパスが同じにできなければ引き継げません。特に初期のホームページのように手作業でパスが決まっているようなウェブサイトはCMSで対応できないので手動でパスを設定しなくてはならず、工程が増えますので要注意です。

TOPへ戻る